日々のいろいろ
おせっかいレシピ

お粥で健康的な一年を!小正月は小豆粥で!

あっという間に1月ももう半ば・・・

どんど焼きの行われる15日は「小正月」とも呼ばれ、千年以上前から小豆粥を食べて一年の健康を願う習慣があります。病人食のイメージが強いおかゆですが、実は中華圏では朝ご飯の定番の健康メニュー。今年はおかゆを日々の生活に取り入れてみませんか?

☆☆☆小豆粥☆☆☆

小豆の下ごしらえ

材料:小豆、水

①小豆をさっと水洗いし、鍋に入れる。IMG_2048

②小豆が十分にひたる水を入れ、沸騰させる。

一旦お湯を捨て新しい水を小豆がかぶるくらい入れ再度沸騰させる。

③差し水をしながら小豆が柔らかくなるまで1時間ほど煮る。

基本の小豆粥

材料(2人分):小豆(50g)、米(1合)、水(900cc)、塩(大1)FullSizeRender

①お米を研ぎ、分量の水を加えて給水させる。

②強火にかけ、沸騰したらゆで小豆を加える。

③弱火にし、焦げ付かないように差し水をしながらかき混ぜて30分ほど加熱する。

他にも・・・

ゆりね、サツマイモ、カブの葉もおかゆとの相性ぴったり。

鶏ガラスープやしょうが、ネギ、ごま油を加えれば中華風も楽しめます。

 

★★小豆トリビア★★

小豆は美味しいだけではなく、漢方薬に使われるほど体に優しい食材。

タンパク質や食物繊維が豊富でむくみや目の疲れをとり、二日酔い防止効果もあります。

下ゆでは面倒なイメージがありますが、まとめてゆでておけば冷凍も可能。下ごしらえした小豆に砂糖とお餅を加えれば自家製のぜんざいが完成です

 

★★クリスマスの華やかプレート★★

もうすぐクリスマス

IMG_2006

家族や友人と集まって楽しい時間を過ごす機会も増えそうですね。

そんなときにぴったりのクリスマスプレートのご紹介です。

特別な材料はいりません。身近な材料を少し工夫するだけで思わず歓声のあがる、華やかな一皿に挑戦してみませんか?

 

 

☆☆☆基本のマッシュポテト☆☆☆

材料:ジャガイモ(3個)、バター(10g)

牛乳(30g)、塩(適量)

①ジャガイモをよく洗い、皮付きのまま鍋にいれ、ひたひたの水、塩適量を加えて15分茹でる。

②お湯を切り、皮を向いてつぶし、マッシュポテトにする。

③熱いうちにバター、塩を加えてよく混ぜる。

④牛乳の半分を加えて練り、固さを見ながら残りの牛乳を加える。

ポイント!

土の下に実るものは水から茹でる(いも類、にんじんなど)

土の上に実るものはお湯から茹でる(葉もの、かぼちゃなど)

 

★★ツリーのサラダ★★

IMG_2007

材料:基本のマッシュポテト、ブロッコリー(1個)

プチトマト(4個)、黄パプリカ(1個)、塩(適量)

①ブロッコリーを小房に切り分け、塩を加えた熱湯で3分ほど茹でる。

IMG_2005

②牛乳パックや厚紙を直径5cmほどの星形に切り抜く。黄パプリカを

半分に切って種を取り除き、星の型紙を当てて包丁で切り抜く。

③マッシュポテトを高さ8cmほどの細めの円錐型に整える。

IMG_2008

④ブロッコリーをマッシュポテトに刺すように、隙間なく並べていく。

⑤ところどころにプチトマトを入れる。

⑥一番上にパプリカの星を飾る。

食べるときにはドレッシングをかけてどうぞ!

 

 

★★マッシュポテトの雪だるま★★

IMG_1986

材料:基本のマッシュポテト、のり、スパゲティ

①マッシュポテトを手で丸めたものを2つ作る。
一つは少しだけ小さくする。

③2つを重ね、2cmほどに切ったスパゲティを手として刺す。②のりを長四角に切り、目、眉として①の小さいものに貼付ける。

 

★★トマトサンタ★★

材料:基本のマッシュポテト、プチトマト、のり

①プチトマトのヘタをとり、ヘタ部分を下にして安定するか確認する。IMG_2004

不安定なら一部を切り取り、安定させる。

②プチトマトの上部20%部分を切り取る。

③マッシュポテトを手で丸め、プチトマトの切り目より少し小さいサイズにする。

④プチトマトの切り目に丸めたポテトをのせ、残ったトマトを帽子のように斜めにのせる。

⑤マッシュポテトを直径3mmほどに丸め、帽子の上にのせる。

⑥マッシュポテトを両手の間で擦り合わせ、1cmほどの先端の細いひも上にする。

中心で折り曲げ、ひげとして貼付ける。

⑦のりを目の形に切り抜き、貼付ける。

 

★★ツリーのサラダの周りに、雪だるま、トマトサンタを配置する。

アルファベットのパスタで文字を飾っても素敵です!

簡単♪ パイのお菓子づくり

いつもお店で買っているお菓子、できたてはもっと美味しく頂けるのではないでしょうか?

難しそう、めんどくさい、と思われるかもしれませんが、お菓子作りは意外に簡単です。

例えばパイ生地を使ったお茶菓子。オーブンがなくても、ガスコンロのグリルと市販のパイシートを使えば、簡単に完成です! 手作りの熱々お茶菓子でアフタヌーンティーを楽しんでみませんか。

 

☆☆☆スティックパイ☆☆☆

材料:パイシート(1枚)、グラニュー糖(好みでシナモン、メープ

IMG_1919

ルシュガーなど)

①パイシートを常温で柔らかくなるまで解凍する。

グリルに点火し、温めておく。

②幅1cmほどの細切りにし、グラニュー糖をまぶす。

アルミホイルをひいたグリルに間隔をあけて並べる。

③中火で5分、弱火で15分焼く。

 

ポイント! 

グリルは場所によって火力がかなり違います。

まめにパイ生地の様子を確認し、もし焦げ付きそうな場合は上にアルミホイルをかぶせましょう。

 

☆☆☆好みのジャムで、ハート形パルミエ☆☆☆

材料:市販のパイシート(1枚)、ジャム(適量)

①パイシートを常温で解凍する。

IMG_1918

②柔らかくなったら表面に好みのジャムを薄く塗る。

③両側をそれぞれ2センチほど折り曲げる。

④さらに両側から折り曲げ、横から見たときにハート形になるようにまとめる。

⑤冷蔵庫で15分ほど冷やす。

IMG_1917

⑥包丁で1CMほどの輪切りにし、アルミホイルに間隔をあけて並べる。グリルを十分に温めておく。

⑦中火で8分焼き、アルミホイルをかぶせてさらに10分焼く。

 

ポイント!

上部のみにバーナーのある片火タイプのグリルの場合は途中でひっくり返して裏面にも火を通した方がさっくりした歯触りが楽しめます。

震災食その2:ポリ袋であったかおかず

今回はポリ袋を使った料理の2回目です。

ポリ袋を使った料理のよいところは、一つの鍋で様々な料理を同時に作ることができるところ。時間も燃料も節約でき、後片付けも簡単に♪ 前回のごはんと一緒に作ればあっというまに温かい食事が完成です♪

 

☆☆☆ツナじゃが☆☆☆

材料(2人分):缶詰のツナ(1缶)、ジャガイモ(中1個)、にんじん(1/2個)、タマネギ(小1個)、白だし(10cc)、醤油(10cc)、みりん(5cc)

IMG_1474

 

①2重にしたポリ袋にツナ、角切りにしたジャガイモ、にんじん、くし型切りにしたタマネギ、調味料を入れ、鍋の水に沈めて空気を抜き、上のほうで口を結ぶ。

②沸騰したお湯の中にポリ袋を浮かべ、弱火で

20分加熱する。

③火をとめてそのまま15分蒸らす。

 

 

 

☆☆☆ひじきの煮物  ☆☆☆

材料(2人分):乾燥ひじき(5g)、乾燥しいたけ(2個)、大豆水煮(1缶)にんじん(小1/2)、油揚げ(1/2)、水(15cc)、醤油(15cc)、みりん(10cc)IMG_1473

①ひじきは水でもどし、水切りをする。

②乾燥しいたけを戻して薄切りにする。

③2重にしたポリ袋にひじき、しいたけ、大豆、千切りにしたにんじん、短冊切りにした油揚げ、調味料を加え鍋の水に沈めて空気を抜き、上のほうで口を結ぶ。

③沸騰したお湯の中にポリ袋を浮かべ、20分加熱する。

④火をとめてそのまま15分蒸らす。

 

 

●食べるときには袋入りのまま食器に移せば、皿洗いの水を節水できます。

備えあれば憂いなし、防災用の備蓄品にポリ袋も追加しておきましょう!

震災食特集:簡単ポリ袋レシピ

もし、大きな災害が起きてしまったら…

災害の規模や場所にもよりますが、ガスや電気などライフラインの復旧には約3日かかると言われています。非常事態時には乾パンや缶詰だけでなく、温かい食事が体と心を支えてくれるもの。どこの家庭にもあるカセットコンロを使い、短時間で調理できる”ポリ袋”をつかった調理法をご紹介します。

実は、ポリ袋で湯煎をする調理法は”真空調理法”と呼ばれ、ホテルやレストランでも使われている方法を応用しています。なるべく空気を抜いた状態で、ゆっくりと火を通すので、食材によく味がしみるんですよ。

ポイント

IMG_1459

①ジッパー付きの透明のものではなく、耐熱性が高い半透明

ポリエチレン製のポリ袋を使用すること。

②水圧を使ってなるべく袋の空気を抜き袋の上部を閉じること。

(調理中に発生する熱気で袋が破れないようにするため)

③鍋の底に皿などを入れ、直接鍋底に触れないようにすること。

IMG_1463

④火を止めた後、そのままの状態で蒸らすこと。

 

災害中は水が貴重となるので、鍋に入れる水は飲めない水(雨水、

お風呂の水など)でかまいません。

また、長期保存が可能なひじきなどの乾物をストックしておくと、いざというときに役立ちます。

ただし、定期的な消費期限のチェックは忘れずに!

 

 

☆☆☆さつまいもごはん☆☆☆

材料(2人分):米(1合)、水(200cc)、さつまいも(1/2個)、塩(少々)

IMG_1475

①2重にしたポリ袋に米と水を入れ、軽くすすぎ、水を切る。(研がない場合は30分ほど給水させれば大丈夫です)分量の水を入れ15分ほど給水させる。

②さつまいもを角切りにし、ポリ袋に入れる。塩を

入れ、鍋の水に沈めて空気を抜き、上のほうで口を結ぶ。

③沸騰したお湯の中にポリ袋を浮かべ、弱火で

20分加熱する。

④火をとめてそのまま15分蒸らす。

 

 

食べるときには袋入りのまま食器に移せば、皿洗いの水を節水できます!

ローストビーフで簡単・豪華におもてなし!

いよいよ夏本番♪

家族や親戚、友達と集まってにぎやかに食事を楽しみたいですね。

そんなときにぴったりの”ローストビーフ”をご紹介します。

グリルで火を通してゆっくりさますだけの簡単料理ですが、きれいに盛りつければ豪華な一品に!食卓に登場すればきっと歓声が上がりますよ♪

 

☆☆☆おもてなしにぴったり!グリルでローストビーフ♪☆☆☆

材料(4人分):牛もも肉(500g)、にんにく(1かけ)、塩・コショウ(少々)

IMG_1307

①もも肉を冷蔵庫から出し、1時間ほどおいて常温にもどす。

②全体にコショウをふり軽くもみ込む。

③グリルに点火し、温めておく。

④肉の全体に塩をもみ込み、表面に切り込みを入れ、スライスしたにんにくを差し込む。

⑤予熱したグリルにもも肉を入れ、中火で7分加熱、ひっくり返して同じく7分加熱する(両面焼きグリルの場合は約10分)。にんにくは後で取り除くので焦げてもかまいません。

⑥火を止めたグリルに5分ほどおいてあら熱をとり、グリルから出してアルミホイルに包む。そのまま汚れてもよいタオルなどで包み、30分ほどかけてゆっくりとさます。

⑦お肉が十分にさめたら好みの厚さに切り分ける。盛りつけにグリーン(ブロッコリーの芽、ベビーリーフ、カイワレなど)を使うのが豪華に見せるポイントです♪ 夏はわさびやポン酢、柚子胡椒を添えてさっぱりとどうぞ☆

 

完成したローストビーフは必ず十分にさめて

IMG_1306 から切り分けてくださね。熱々のまま

切り分けると美味しさのもとの肉汁が

流れ出てしまいます!

 

高級な黒毛和牛を使ってももちろん美味しくできるのですが、なるべく赤身の多い肉を使った方が食べ応えのあるローストビーフになりますよ♪

 

夏バテ防止に、焼き野菜のマリネ♪

日差しが照りつける季節がやってきました!

夏バテには昔からお酢やレモンなどに含まれている”クエン酸”が、効果があると言われています。 冷蔵庫に放置しがちなお酢、レモンをこの機会に使ってみませんか?

これからどんどん美味しくなる夏の野菜を使い、作り置きも出来るレシピをご紹介します♪

☆☆☆グリルが大活躍!焼き野菜のマリネ☆☆☆

材料 なす(1本)、ズッキーニ(1本)、かぼちゃ(1/8個)、パプリカ(1個)、プチトマト(6個)

マリネ液材料:酢(大さじ4)、オリーブオイル(大さじ2)、砂糖(大さじ1)、レモン汁(大さじ1)、マスタード(大さじ1)、塩こしょう(少々)

①なす、かぼちゃ、ズッキーニは5mmほどの厚切りにする。パプリカは半分に切る。

②グリルにアルミホイルをひき、野菜を並べる。

③なす、かぼちゃ、ズッキーニは軽く焦げ目がついたらひっくり返す。IMG_1191

④トマトは皮が割けたらアルミホイルで包み、あら熱がとれるまでおく。

⑤パプリカは表面が真っ黒になるまで焼き、アルミホイルで包んであら熱がとれるまでおく。

⑥マリネ液の材料を合わせよく混ぜる。

⑦トマト、パプリカをアルミホイルから取り出し皮をむく。パプリカは1cm幅に切る。

⑧野菜が熱いうちにマリネ液に浸し、冷蔵庫で冷やす。   IMG_1222     

♪ 作り立ても美味しいのですが、味のなじんだ翌日もたまりません!

バジルを添えると洋風、しそや柚子胡椒を添えると和風で楽しめます。

♪ 酸味が苦手なかたは、マリネ液を電子レンジで1分ほど熱してから野菜を浸すと食べやすくなります。

 

梅雨を吹き飛ばす、しょうがパワー♪

食卓に年中欠かせないしょうが

特にこの時期が旬の「新しょうが」は、

みずみずしく、さっぱりとしています。

殺菌作用や食欲増進、疲労回復にも役立つ

しょうがを使ったメニューで、梅雨を乗り切りましょう!

★さっぱりしょうがごはん

★大人のジンジャーエール

(さらに…)

トップへ戻る