日々のいろいろ

水道の凍結!予防と対処法

今年の寒さは厳しいですね。積雪量も例年より多く朝晩かなり冷え込みます。こんなとき注意したいのは、

水道の凍結。朝起きると水道の蛇口をひねっても水が出なくて、困った経験がある方もいると思います。

ガスのプロならではの、水道凍結のコツをお知らせします!

マイナス4度で水道管は凍る
水道管の凍結が起こる条件は、外気温がマイナス4度以下になった時。日中でも気温が上がらない予報がでているなら、要注意です。

気象庁では、水道凍結指数を案内しています。

水道凍結指数こちらから

 

凍結予防は「細く出し続ける」

動いている水は氷点下になっても凍りにくいため、水道の水を細くして出しておくことで、予防になります。

水道を出す時のコツ

蛇口はお湯?水?どれぐらい出す?

お湯と水を比較すると、お湯側の凍結が多いです。ガスをオフにして、

水道のお湯側の蛇口、もしくはお湯側にレバーを傾け、少量の水を流します。

水の量ですが、ポタポタ程度では水道管内の水が流れず凍結のおそれがあります。

ボールペンの芯ぐらいの太さの水を出します。

一晩中だとかなりの水量になるため、バケツなどにためて、洗濯や掃除に使いましょう。

 

それでも凍結してしまったら・・・

水道が凍結してしまったとき、熱湯をかけてはいけません。

急激な温度変化で、水道管を傷つけてしまう恐れがあります。

溶かすときは、40℃前後のお湯で濡らしたタオルを使用します。

温める場所は給湯器のお湯の管の金属部分。接続部分はどうしても

覆いきれない部分があり、金属が露出しています。

その部分が最も凍りやすいところ。お湯で濡らしたタオルを巻くか、

一時的にドライヤーを使って温めるのが効果的です(コンセントは

給湯機で使用しているものが近くにあるでしょう)。

それでもダメな場合は、待つしかないのですが、特に凍りやすい場所

をご紹介しました。万が一凍結してしまった場合は、お試しくださいね。

 

 

 

 

 

トップへ戻る